ほくろのトラブル解決【跡が残らないようにして欲しい】

女性

短時間で行われる施術

看護師

カウンセリングを受ける

顔などの目立つ場所にあるほくろは、気になって仕方なくなりコンプレックスに感じるようであれば、除去を考えたほうがいいでしょう。化粧で隠せる程度だったとしても、隠すためには余分な手間がかかりますし、化粧が崩れてくれば目立つようになるからです。それならばいっそのこと美容整形外科に行き、施術によってほくろ除去を行った方がいいでしょう。美容整形外科で施術を受ければきれいに除去してもらう事が出来るので、悩みの解消につながります。ほくろの除去をしてもらう為に、いきなり美容整形外科を訪れたとしても、その日のうちに除去をしてもらえない事が多いでしょう。多くの場合は、あらかじめ予約を入れてカウンセリングを受けてからの施術になりますので、まずは予約を入れてから訪れなくてはなりません。美容整形外科を訪れたら、医師のカウンセリングを受けるようになりますが、その際にほくろの状態を見てもらったり、施術を受ける上での注意点などを説明してもらったりします。カウンセリングに必要な時間はクリニックによっても違いますが、ある程度の長さがあると考えてから行く方がいいでしょう。話が長くなってきたときに面倒だからと話もそこそこに切り上げるのはマナー違反ですので、しっかり話を聞く事です。ほくろが気になっていたとしても、除去をするのが怖いとか、除去後に大きな傷跡になるのではないかと気になるのも当然です。ほくろの位置が目立つ場所であればあるほど、傷跡になるくらいであれば今のままでいいと考えるからです。今よりも逆に目立ってしまうようであれば後悔することになりますが、腕のいい美容整形外科で施術を受ければ、ほとんど傷跡が目立つ事もなく除去してもらう事が出来ます。美容整形外科でのほくろ除去の流れとしては、カウンセリングを受けてから除去方法を決めていくようになります。いくつか用意されている方法の中から選ぶようになりますので、どの方法が一番傷跡が目立たずにすむかで決めてもいいでしょう。除去方法を決めて施術日に来院すると、顔のほくろの場合はメイクをとらなくてはなりませんので、訪れる前からノーメイクで来院すれば手間がかかりません。施術に荷はほくろ周辺に局所麻酔を打ち施術に入っていく形になりますが、施術時間も早ければ5分程度と短時間で行うことが出来ますので、とても気軽な気分で行えます。施術が終わればダウンタイムとして一週間程度はテーピングをして過ごすようになり、経過観察で再び一週間後程度に来院するようになるでしょう。