ほくろのトラブル解決【跡が残らないようにして欲しい】

女性

診療科と施術方法

医者

美肌にも気を遣って

コンプレックスになっているほくろを取り除くには、皮膚科や美容整形外科を受診するのが確実です。単純なほくろに見えても悪性腫瘍の可能性があるため、一般の皮膚科では病理検査の目的で除去することができます。この際には保険が適用されることから、費用は比較的安くなるというメリットがあります。ただし美容目的であれば保険が適用されず、その判断は医師に任されることになるので注意してください。大きなほくろを確実に取り除きたい場合には、専門の皮膚科か形成外科の施術が向いています。ただ取り除くだけでなく、除去した後の肌にまで気を遣いたいなら、美容整形外科を受診すると良いでしょう。この場合は初めから美容目的なので、保険が利かない点には要注意です。とはいえ小さなほくろであれば、それほど高額な費用にはなりません。一般的な皮膚科と違って、できる限り傷跡が残らない施術を行っているため、顔など目立つ場所のほくろを取るには最適と言えます。また痛みが少なくダウンタイムの短い施術が用意されており、忙しい方でも安心して治療を受けることができます。なお施術方法や費用は大きさによって変わるのが普通で、大きい場合は皮膚科と同じような手術になる可能性もあります。ほくろの除去で美容整形外科を受診するなら、まず症例数や仕上がり具合などを確認しましょう。ほくろ除去はそれほど難しい施術ではありませんが、やはり医師の腕によって結果には差がつきます。せっかく美容整形外科で施術を受けるのだから、できるだけキレイな仕上がりにしたいものです。ネットで口コミ情報を集めるとともに、ホームページに症例写真などがあれば参考にしてください。また実際にカウンセリングを受け、ドクターと話をしてみるのも良いでしょう。専門的なことは分からなくても、信頼できそうな人柄かどうかは判断できます。ほくろ除去には複数の施術方法があるので、いろいろな施術から自分に合った方法を選べるかどうかは大切です。小さなほくろはレーザーで比較的簡単に除去できますが、大きなものは電気メスなどで切除する必要があります。どんな施術ができるのか、傷跡が残る心配はないか等について、事前に納得できるまで説明を受けましょう。その際には治療費の見積もりを取って、比較するという方法もあります。もちろん安さも重要ですが、アフターケアなどのサービスが充実しているかもポイントになります。後悔のないよう、じっくりと検討して美容整形外科を選んでください。